子育てと仕事を両立させる

女性の仕事にもやりがいや充実感と言ったものが必要だと感じています。昔なら、就職してもほとんどの女性が何年か後は結婚して子供を産んで家庭に入るという将来像を抱いていたと思います。また、大体の女性がそういった人生を送っていたと思います。そして育児がひと段落したころにはパートに出る、という形です。それでも結婚して子供が産まれるまでの間にキャリアアップを図る女性はたくさんいたと思います。しかし、時代が変わり、子供を出産しても働きに出れるようになるとすぐに仕事に出る女性が多くなってきました。産休の取れる会社に勤めていたなら、産休を消化後はすぐに仕事に復帰しているようです。また、出産で仕事を退職していても、復職するのはパートではなくしっかりとフルタイムで仕事をしている女性が多いのも今の時代の特徴かもしれません。特に看護師など、国家資格を所有している女性は復職しやすく、またやりがいを感じる仕事のため、条件さえ合えば出産後もフルタイムで働いている印象です。看護師を例に挙げれば、託児施設併設の病院や日勤だけの求人など、社会や企業側も女性の復職や転職に有利なサポートをしていっています。関連した情報を掲載している雑誌やインターネットサイトも増えてきました。働く女性の子育てについて書かれている、『子供の教育プロジェクト』のようなサイトもあります。
また働ける限り仕事を続けていきたいと考えている女性が多いのが今の女性の特徴です。そうなってくると、生涯働き続けるためにはキャリアアップを図るなどの刺激を作っていかないとなかなか仕事に対する楽しみが続かなくなってしまうかもしれません。一通り仕事ができるようになれば、仕事を覚えなくてはいけない頃のようなドキドキ感やわくわく感は薄れてきてしまいます。キャリアアップのために、資格を取る、仕事で直接評価につながらなくても自己啓発につながる本を読んだり習い事をしたりと、様々なことに取り組んでいくことでさらに仕事に対しての楽しみが増えるような気がします。

2018年4月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近のコメント